信用取引を使うメリット

株式投資をする時に信用取引を利用する事で用意した資金の2倍や3倍の投資をする事ができます。株式投資をする際に資金が少ないと投資できる機会を逃してしまう事がありますが、信用取引を利用する事で投資機会を資金不足によって逃す事なく投資を行う事が可能になるのです。信用取引を利用する場合は証券会社で通常の口座を開設するのとは別に審査がある場合がほとんどなので利用する場合は事前に審査を受けてそれを通過しておく必要があります。

信用取引で不利になる事もある

信用取引を利用すると資金不足を解消できますが手数料がかかるのでその分利益が減るというデメリットもあります。また預けてある資金の倍の投資をする場合は事前に預けてある以上の損失が出る可能性があります。追加での入金を避ける為に事前に入金してある金額以上の損失が出る前に自動的に損切りをするシステムがあるので最終的に利益が出る場合でも一時的な損失によって強制損切りが行われるので現物取引と比べて不利になる事もあります。

信用取引ではリスクマネジメントが大切

用意できた資金より多くの資金を動かして投資が行えるメリットがある信用取引ですが現物取引をする場合の2倍や3倍の利益が出る事がある分損失も同じように大きくなる可能性があります。信用取引を利用する事は投資の可能性を広げる事とも言えますが、その分リスクが高くなるとも言えます。だからこそ信用取引を利用しての投資を行う際には常に投資した銘柄の株価を把握するなどして現物取引をする時以上にリスク管理を徹底的にしなくてはいけません。

株の信用取引とは、証券会社に現金や株を借入担保として差し入れることで、差し入れた3倍の金額の株取引ができる制度です。少額の出資で株の信用買いなど大きな取引ができるのが特徴です。