信用情報登録機関からの情報か大切です。

クレジットカードの審査で金融会社が重要視しているのが信用情報登録機関からの情報です。こちらの情報ですが、支払いに関する情報やクレジットカードやカードローンなどの申し込み履歴が記載されています。通常の支払いを守っている場合には特に問題ないですが、遅延や延滞などの信用情報や、クレジットカードやカードローンなどの連続申し込みの情報がある場合には、クレジットカードの発行を見送られる可能性が高くなりますよ。

勤続年数・年収・会社の規模が大切になります

クレジットカード会社の審査基準の中に勤続年数や年収があります。普通のクレジットカードの場合勤続年数が半年から一年は必要となります。年収はクレジットカード会社にもよりますが400万円程度は必要となります。万が一年収が足りない場合でも保証人を立てれば審査に通る場合もあります。会社の規模も大切な条件で、公務員や上場企業などだと審査に有利になります。逆に自営業だと役所が発行する税の証明書を求められる時がありますよ。

自宅や職場に電話確認があります

自宅や職場に電話連絡がある時があります。職場にはきちんと働いているのか審査をしています。万が一在籍確認が取れない場合にはクレジットカードの発行が見送られます。次に自宅に電話がある時には緊急時に連絡が取れるかどうかを確認しています。こちらの場合でも連絡が取れない場合には、万が一遅延や延滞となった場合に連絡が取れないと判断され、クレジットカードの発行が見送られる時があります。そのためクレジットカードを申請すると自宅や職場に電話がある可能性を考えておく必要がありますよ。

クレジットカードは買い物の際に現金のやり取りを行わない利便性がある一方で、データの流出で不正使用の被害に見舞われるリスクもあります。そのため、カードは信頼できる店舗での使用に留めるように心がけます。