その1、利用額をなるべく抑える

カードローンを利用すると、その利用額に応じて返済額が決定します。毎月決まった額以上を返済しなければならないので、借りる額が大きければ大きいほど、毎月の返済額も大きくなっていきます。上手に返済するためには、利用額を最低限に抑えることで返済に負担をかけないようにできます。逆に必要以上に利用してしまうと、返済に苦労する可能性が高まるので注意しましょう。利用する際は、その目的の範囲でかつ最低限に留めておくと良いです。

その2、なるべく多目に返済していく

カードローンの返済には、借りた額に応じて”利息”が発生してしまいます。その利息を含めて毎月返済しなければならないので、返済が伸びれば伸びるほど、より多くの利息を払うことになり、借りた額以上を返済することになります。その利息の支払いをなるべ少なくするためには、毎月の返済額を生活に支障が及ばない範囲で多目にすることが、利息軽減に繋がります。さらに、返済期間が短縮するため、返済に対するストレスも緩和することに繋がります。

返済のために他者のカードローンは利用しない!

カードローンの返済のために、他者のカードローンを利用して返済する方法がありますが、これだけは避けなければなりません。これによって一時的に返済は完了しますが、他者のカードローン会社でまた返済しなければならないので、結果は一緒と言えます。ですが、新たに返済義務が発生するだけでなく、利息が新たに加わるため、返済額がさらに膨れ上がってしまう可能性があります。返済する際は、カードローン会社には頼らず、自分の収入の範囲にしておくことが大切です。

カードローンは金融機関によって金利や審査、月々の返済額が異なるので、自分に合ったカードローンを見つける必要があります。そういったときはカードローンの比較をすると、すぐに見つけることができます。